捜査官X

やっぱりドニー・イェンは凄い。 いつみても、どの作品を観ても、あの年齢で、あの体のキレは半端ない。 映像だから、多少早回ししたりで、スピード感を増すとかはあるかも 知れないけど、加工してもその程度。 タイトルからすると、捜査官役の金城武さんが主役っぽいかなって思うが、 実際はドニー・イェン。 金城さんは客観的な立場のストーリーテラーで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

捜査官X

やっぱりドニー・イェンは凄い。 いつみても、どの作品を観ても、あの年齢で、あの体のキレは半端ない。 映像だから、多少早回ししたりで、スピード感を増すとかはあるかも 知れないけど、加工してもその程度。 タイトルからすると、捜査官役の金城武さんが主役っぽいかなって思うが、 実際はドニー・イェン。 金城さんは客観的な立場のストーリーテラーで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「カイジ2」

原作では最大のエピソードというが、前作とはちょっとテイストが違う。エンタテインメントに徹している点は変わらないが、前回が個人戦だったのに対し、今回はチーム戦だ。 個人的には前作の方が好きだ。最初の作品という衝撃と新鮮さという点を差し引いても、おもしろさは前作の方が上のような気がする。それはたぶん、今回があるパチンコ台を攻略すること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「DOG×POLICE」

警察の特殊部署、通称「イヌ屋」と呼ばれている者たちの活躍物語。 市原隼人くんのはみだし警官ぶりは板についている。冒頭から爆破シーン、それに続くアクションもつかみとしては 充分。 ストーリーテンポも悪くない。ただ、時間の都合からか、犯人にいきつくまでが意外と早い。最初は皆目検討がつかない雰囲気なのに。 脇役陣の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「モテキ」

久しぶりのブログ。 10月入ってからどうも体調が不安定で、夜パソコンをいじらなくなっていたので、11月は気合入れていこう。 さて、「モテキ」を観たのはもう20日ほど前だ。テレビ東京の深夜ドラマは飛び飛びでしか観ていなかったので、おもしろそうという印象しかなかった。実際、原作は人気でもドラマ放映時には盛り上がっていたとはいえないと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「サンクタム」

ジェームズ・キャメロンが製作ということで一定以上の期待はしていい作品と思っていたが、確かにそう。 ただ、随所に見せ場はあるし、緊迫感もあるのだが、誰が助かって、誰が死ぬということについてはある程度予想がついてしまう。 コンセプトは72年のパニック映画史に残る名作「ポセイドン・アドベンチャー」をほぼ同じ。閉じ込められたクルーが苦難…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「一枚のハガキ」

戦争で二度も主人を失った未亡人のところへ最初の夫と同僚だったと一枚のハガキを持って、男が尋ねてくる。 最初は丁重に家にいれる未亡人・友子(大竹しのぶ)だったが、目の前の男・松山(豊川悦司)に噛み付くシーンが ある。 「なんであんたは行きとるんね?」 「くじです。上官が引いたくじで三造さんは出兵し、自分は次の掃除部隊に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more